Only Night・・・ Story 恋愛
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 ***
君と僕の響く青
2006 / 10 / 20 ( Fri )
ハチミツとクローバーを読んでいる途中です。

切ないお話、というより、「有り得ない」が先にきてしまうのはあたしだけ?

別に批判してるわけじゃなくてね、うん。

「そんなに想われたらそっち行くでしょ~?」とか

「そんな美男美女がずっと一人身なんて・・・」とか思っちゃうわけ。

ま、そりゃマンガの中のストーリーなんで、おいといて・・・。


恋愛はいいですなぁ・・・。あたしはあのキャラの中では「美和子さん」が一番好き☆

誰かと付き合ってるときも楽しいけど、片思いしてるときがやっぱ一番自分の世界に入ってるときなんで一番楽しいかな。

感情の起伏も激しいしね。

片思い→両想い?→すれ違いで片思い→ケンカしてお別れ→再会して友達

→友達以上恋人未満→彼は東京へ旅立ち、音信不通・・・(片思い)

この、大学時代に出会った彼との恋愛が一番楽しかった。(え?今じゃないんですか?)

ずっと片思いってのがポイントだよね。

ホント、彼中心に回る自分の世界が信じられなかった。

飴と鞭を使い分ける彼にあたしはどっぷりハマっておりました・・・。

ああ、My青春。ハチクロとは程遠い(笑)




君の願いが どうか 粉々に砕けますように


きれいな思い出になんてすると 

空にのぼって いつまでも

星みたいに輝くから

* 恋愛 * trackback(0) * comment(0) ***
はじまりは雨の夜
2006 / 10 / 14 ( Sat )
今日も時間はあっという間に過ぎ去り、レポートはまだ一行も進んでおりません。

・・・・なんでなんですかね?この成長のなさは。(--;

今日は美容院に行って来ました~☆

髪伸ばしたいんだけど、どうしても限界でちょっと切ってしまいました。

ま、さっぱりしたんでよかったです♪



最近、女友達が「彼氏ができない」とよくボヤいています。

男友達も「彼女がほしい」と言ってます。

やっぱ、もうすぐ冬だから?クリスマスとかあるからか??

冬はなんかイベント多かったりしてちょっと楽しいよね。うん。
だから、カップル成功率も上がるんじゃないかな?

さむ~い季節は人恋しかったりするしね☆






でもあたし、マンネリなんです。





これはどーしたらマシになるのかしら?

誰かいい方法知らない?

態度に出してるつもりはないんだけど、どうやら態度に現れてしまっているらしく、さきほど彼氏からちょっといつもと違うメールが来ました。


そのメールを見て、

あたし「どしたの?急に。(笑)」(←内心、精一杯の笑顔のつもり)

彼「たまにはね。新鮮やろ?(笑)」(←意図はイマイチ掴めない)



・・・・そんなメールより、ちょっとどっかドライブでも誘ってくれたり、
ちょっとサプライズで夜景のキレイなホテル予約しててくれたりするほうがよっぽど新鮮なんですけど。


そんなわけで、サプライズな夢でも期待して寝ようかしら。。。






あれ?レポートは?


グッバイ。( ̄ー ̄)ノ

* 恋愛 * trackback(1) * comment(0) ***
ウーロン茶コンパ(後編)
2006 / 08 / 30 ( Wed )
一部の人、お待たせしました。

ウーロン茶コンパの後編です。(笑)



「じゃあ、まず乾杯だよね」

男性陣「えと・・・誰やる?・・・え、オレ?」

こんな感じで始まり、はじまり。




始まった・・・ものの、


なんつーか、すごくノリ悪い。

女の子と話す気があるのかどうか、イマイチよくわからない人たちだった。

しかも、一人の男が初対面のあたしに向かって、開口一番、こう言い放った。






「今日は何しに来たの?」






ハァ!?



聞き間違いかしら。いや、違う。

奴は確かにそう言った。

何しに来たかと言われると・・・・あたしはただの仲介役で、もう一人の仲介役(あたしの友達)が来ない今、あたしがこの場にいる意味はもはやナイ。

だって、一応、女性陣と男性陣を引き合わせたんだから、任務完了。グッバイなわけよ。

けどね。だけどね。

ここで女の子置いて、「じゃあ」って帰るわけにはいかなかったのよ。
いろいろあってさ・・・。

だから、あたしはそんなムカツク言葉にもめげずに明るく振舞った。

が、嫌な予感は的中して、飲み会はグダグダだった。

女の子は3人で固まってるし、男は男でなんか趣味の話ばっかしてるし。(男同士で)

主催者はもう、どーしていいかわからなかったよ。ママ。



グダグダな飲み会もそこそこに、後半はなぜかカラオケに行くことになったのです。


そしてカラオケ。


2~3曲目くらいで、なんだかやたらハイテンションな曲を歌う彼。

待ってましたと言わんばかりに、一緒に歌う、もう一人の彼。

カラオケなんて自己満足だからさ、何歌ってもいいけどさ。

別にあたしは気にしないけどさ。

お酒も抜けてきてるし、なんか、歌い終わったあとが気まずいのよね(笑)



どーいうリアクションすればいいんですか??




ちょー張り切って歌ったのに、無視じゃ悪いから、あたしはこう言った。

「この曲初めて聴いた~」






「えっ!!ウルフルズのアルバム

持ってたら絶対知ってるでしょ!?」






つーか、持ってないから。

持ってるのが普通と思い込んでるらしいが、人には好みってもんがあるのを忘れてるらしい。



こんな感じでカラオケ終了。・・・なんだこりゃ。



「じゃあ終電も近いし、そろそろ帰ろうか」

つーわけで駅へ向かう。

ちなみに、女の子はみんな環状線。

梅田の駅に着くと、「じゃあ」と言って、一人、また一人と去って行く。


え?送ってあげないの?

まぁ、いいけどさ。




ってか、携帯も聞かないで去って行くということは、今日のこの日は何だったんだろう?と考えずにはいられない。


女性陣が「ウーロン茶」と思ったのと同じように

彼らもまた「ウーロン茶」と思ったのだろうか?


真相は闇の中。

あたしの記念すべき初主催のコンパは、失敗に終わった。




* 恋愛 * trackback(0) * comment(2) ***
ウーロン茶コンパ(前編)
2006 / 08 / 08 ( Tue )
先日、某メンバーを集めて、コンパなるものが開催されました。

ふふふ、主催者はわたくし。

けど、いろいろ事情がありまして、コンパの当日になるまで、男性陣の姿をみることができなかったです。(主催者なのに)

一抹の期待と不安を胸に、教えてもらった携帯に電話をかけ、待ち合わせ場所に行って見ると・・・・






ここで、少し時間を遡ってみる。







コンパの前日、女性陣の間では、いろいろとコンパについての話題が出ていた。

「どーしよ~・・・なんか緊張してくるわ~・・」

「何着ようかな~・・」

「何話したらいいん?」


ちなみに今回のコンパは3*3です。(実際はなぜかあたしを入れて、4*3でしたが)

3人とも、コンパ初体験★

ちなみに、主催者はコンパ経験なし(笑)

なんだか楽しい予感がしてきましたよ。



ここで、主催者からある提案が。

主「ねぇねぇ、まず会ってさぁ、第一印象でいいなと思った人が一人でもいたら、なんかわかるように合図決めない?」

女性陣「いいねぇ♪なんにする??」

主「じゃあ・・・・・いいと思った人がいた場合は、最初のドリンクはカシスオレンジを頼むってのはどう?」

女性陣「賛成★」

主「あと、もう1つ。」





終わってる、帰りたいって思ったらウーロン茶で。





このような準備をして、臨んだコンパ。




待ち合わせ場所に着いて、男性陣とご対面~^^
お店に入る。


主催者は早速女性陣に感想を聞いてみた。



「何飲む?」



女性陣「ウーロン茶。」


かくしてウーロン茶コンパは始まった。


続きは後編で☆

* 恋愛 * trackback(0) * comment(0) ***
時の流れは無常なり
2006 / 07 / 05 ( Wed )
私は携帯電話を2つ持っています。
1つは以前に使っていたもので、現在は目覚ましとして使用中。
だから、携帯電話としての機能はない。

もう1つは普段使ってる携帯。

今日、何気なくその昔の携帯のメールを見ていたら、なにやら懐かしいメールがいっぱいありました。。

もう、ほとんど記憶から消えかけてるってとこが、ほんと、時間ってのは何もかも洗い流して行くんだなと改めて感じさせられましたが。



その中のメールでの彼氏とのやりとり。


彼:「手紙、ありがとうあの表紙、感動ものです


そう、私は遠距離恋愛になる直前、彼に手紙を渡した。
(私たちは半年ほど遠恋してました)

手紙というより、小さいカードみたいなやつ。
プレゼントに添える、メッセージカードみたいなやつです。


その表紙には、こう書いてあった。




あなたのとなりが大好きです




うん、離れてしまう恋人同士にはぴったりの言葉じゃないですか。

センスいいね、あたし。



でも、彼は知らない。



そのカードは、以前、私が好きな人にチョコレートをあげようと思ったときに買ったものだということを。

そして、バレンタイン直前に振られた私には、チョコの出番も、カードの出番も回ってこなかった。


チョコはどうしたのか忘れたけど、まだ未使用のカードは引き出しの奥にしまわれた・・・・。

そして時を経て、カードは復活した。


が、


そんなエピソード付きのカードだということは、死んでも言えない。



* 恋愛 * trackback(0) * comment(0) ***
前ページ * HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。